印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2017年4月24日月曜日

ロックな印刷物:#ギタマガベーマガ表紙 コラボ 2017年5月号

個人的な話で恐縮ですが、最近何十年か振りにギターを手に入れました。「ジャカジャカかき鳴らす楽しさは昔と変わらないなぁ」と思いつつ、手首のかたさやリズム感のなさも昔と変わらないことにガッカリしています(笑)

あわせて、ギター雑誌も(同じく何十年か振りに)手に取るようになりました。皆さんもご存知の通り、バブル崩壊以降雑誌市場は縮小傾向にあります。ギター系を含む音楽雑誌でも休刊・廃刊となったものは少なくありません。書店の音楽雑誌コーナーも、昔に比べると随分と小さくなった気がします。

 そんな状況に抗うように、ギター・マガジンベース・マガジン(ともにリットー・ミュージック)が2017年5月号で「表紙コラボ」という面白い企画を行っています。両誌の表紙を並べると1枚の大きな写真になるというもので、ともにフェンダー特集号ということで実現したものだと思われます。ちなみに、この写真は岡田貴之さんという写真家さんが撮影されました。カッコイイですよね♪

本屋さんでこの2誌が並んでいたらとても目立ちそうです。音楽雑誌に特に興味のない人の目も引きそうです。また、どちらかを目当てに来たのに、ついつい両方買ってしまう人も出てきそうです。実際、TOKIEさんファンの私もこの作戦にまんまとはまり、両誌をセットで買いました(笑)

ただ、ウチの近所の本屋さんではこの「表紙コラボ」に気がついていないのか、残念ながら別々の場所に置かれていました・・・折角の良い企画を実売にもつなげるためには、本屋さんにも企画に気がついてもらう&しっかり活かしてもらう働きかけも必要そうです。

話題性の高さや店頭でのインパクトを意識した「表紙コラボ」は、これから増えていくかもしれません。今回は同じ出版社での企画でしたが、キャンペーンの規模によっては、出版社の枠を超えた「表紙コラボ」の可能性も考えられます。

一方で、「表紙の広告枠化」については慎重なところもありそうです。何せ、表紙は雑誌の顔ですから。ただ、こういう企画があるとお店に行く楽しみが増えるので、個人的には(時々で構いませんの)実施していただきたいです。

今年のゴールデンウィークはロックな印刷物についてのディープな情報を集めつつ、ギターの練習にも励みたいと思います!

追記:今年のゴールデンウィーク前半(2017年4月25日〜5月1日)、この写真を使ったフォトブースが西武渋谷店A館1階に設置されます。フェンダーのギターとメガネを扱うポップアップストアのプロモーション用で、B館5階には試演奏室も設置されるとのこと。フェンダー、攻めてて良いですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿