印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2018年1月26日金曜日

2018年 印刷業界『7つのキーワード』

1月12日開催のセミナー「印刷居酒屋」(!?)で「2018年 印刷市場7つのキーワード」を発表しました。それを(ほんの少しですが)バージョンアップしたのがこちらになります:
  1. MAからCXMへ:
    • MA:マーケティングオートメーション
    • CXM:カスタマーエクスペリエンスマネジメント
  2. 見える化・自動化・省力化
  3. Data Driven
  4. API連携
  5. シェアリング/ソーシャル/コミュニティ
  6. IoT, AI
  7. 自社印刷物の魅力アップ:
    • 自社印刷物 = 印刷会社の印刷物


これらのキーワードはそれぞれが完結・独立しているのではなく、お互いに関連・連携し合っています。中でも中心的なものがあって、それは1つ目のキーワード「MAからCXMへ」です。そのほか6つのキーワードはすべて「CXM」のためだからです。なお、CXMとは以下のような取り組みのことになります:
  • 顧客体験価値を向上させる。
  • より良い顧客体験を提供する。
  • 人間的な温かみや親しみ易さを感じてもらう、など


来月開催される印刷メディアの総合イベント page2018(会期:2月7日~9日)や今夏開催の国際印刷機材展 IGAS2018でも、こうしたキーワードを意識して出展内容を分析することで、あなたの会社の今後の展開についてさまざまな可能性が見えてくるでしょう。

これら「7つのキーワード」の詳細は、セミナーなどでご説明していきます。お近くで開催されるようなことがありましたら、ふるってご参加ください!もちろん、あなたの会社や団体のセミナーで講師としてお話させていただくのも大歓迎です (^ ^)

2018年1月15日月曜日

BLコイン、発行しました!

最近、仮想通貨発行や地域通貨の発行、ICOといったニュースが目に付くようになりました。このブームに乗って(笑)、ブライター・レイターでも『BLコイン』を発行しました!しかも、リアルなコインの形で♪

といっても、ブライター・レイター独自の通貨単位やブロックチェーンを広めようとしているのではなく、 「(既存の/これから発行される)仮想通貨や地域通貨を『リアルな形』にすることで、より広く使ってもらえるようにすること」を目的としています。イメージで言うと「コイン型の仮想通貨/地域通貨用SuicaとかICOCA」です。BLコインにはこんな特徴があります:
  • コイン型 仮想通貨/地域通貨用のSuicaとかICOCA的なもの
  • 仮想通貨や地域通貨をリアルなコインの形で流通させることができます:
    • イベントや展示会、キャンペーンなどでプレゼントする。
    • お小遣いやお年玉としてあげる、など
  • NFCタグが内臓されていて、様々な仮想通貨・地域通貨のウォレットアプリと連携できます。
  • デザインや額面を自由に設定できます、など

ブライター・レイターでは、『BLコイン』の洗練・利用拡大に引き続き取り組む所存です。BLコインにご興味をお持ちいただいた FinTech関連企業の皆さま、そして仮想通貨・地域通貨の利用や発行を考えている企業・自治体の皆さま、お気軽にお問い合わせください!

2018年1月11日木曜日

Sex, Prints, Rock'n Roll!

ブライター・レイターは2018年の基本方針を「Make Prints Attractive Again!(印刷物を再び魅力的にしよう)」としています。では、2018年における魅力的な印刷物とは何でしょう?

まず、デジタル化が進むマーケティングやコミュニケーションと相性が良い印刷物(略して「デジタルと相性の良い印刷物」)が挙げられます。最近では、印刷物発注企業においてWebとリアルの両方を組み合わせてより良い顧客体験を提供しようとする動きが高まっていることから、リアルでのコミュニケーションメディアとしての印刷物には大きなチャンスがあります。

具体的には、例えば Data Driven な印刷物とか。あるいは、活版印刷物とか。人々は、デジタル化が進むとその対極にある手仕事の良さに惹かれます。活版印刷物は、こうした人々の気持ちに刺さることから、アナログなのにデジタルと相性が良かったりします。

ところで、ニューヨーク大学スターンスクール(経営大学院)のスコット・ギャロウェイ教授の著書 "The Four" によれば、「人々のセックスアピールへの欲求を満たしている」ことがアップル社が成功している理由だそうです。アップル製品は、あなたを性的な競合相手よりもっと魅力的(エレガントで華やかでリッチで情熱的)にするでしょう:これが、アップル社がマーケティングやプロモーションを通じて伝えているメッセージとのこと。

"The Four" には、これはさまざまな高級ブランドの最近のメッセージにも共通するものだとも書かれています。ということは、「セクシーな印刷物」はブランディングに大きく貢献できそうです。

「セックスアピール度の高さ」「セクシーさ」と聞いて私が思い出したのは(音楽の)ロックでした。このブログツィッターで #ロックな印刷物 をいろいろご紹介していますが、魅力的なロックには、アルバムジャケットやポスターを含めてどこか下半身を刺激するものがあるような気がします。私が下品なだけかもしれませんけど(笑)。

2018年は、デジタルと相性の良い、そしてアップル製品やロックンロールのようにセクシーな「魅力的な印刷物」をどんどん提供・活用しましょう!

2018年1月9日火曜日

Make Prints Great Again!

明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願いいたします!

さて、ブライター・レイターでは2018年の基本方針を「Make Prints Great Again!(印刷物を再び魅力的にしよう!)」としました。そして、魅力的な印刷物を通じて、以下の実現を全力で支援いたします:

  • 印刷会社のイノベーション
  • スタートアップの成長
  • イベント・展示会・キャンペーンの成功

皆さまのお役に立てますよう一層精進してまいりますので、引き続きのご指導・ご鞭撻何卒よろしくお願いいたします!また、上記にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください (^ ^)

2018年1月1日月曜日

2017年セミナータイトル(講演したもの・企画したもの編、一部)

2017年もたくさんのセミナーで講師をさせていただきました。ありがとうございました。その一部をこちらでご紹介いたします。ご興味があるものが目につきましたら、お気軽にお問い合わせください:
  • 東京都印刷工業組合さま「デジタルマーケティングセミナー 〜 印刷 x IT 〜」
  • SHOWA会さま「元気が出るセミナー これぞ儲ける秘訣!〜 印刷+後加工、異業種との協業、MIS、etc. 〜」
  • 大塚商会さま :
    • POD Special 2 Days! in 関西「1億円を稼ぐPODサービスとは?【2017年度版】」
    • POINT2017「儲かる!新規印刷サービスづくりのヒント集盛りだくさん!」
    • POD 体感 DAY「第1回 リアル公開コンサルティングセミナー!! 〜 印刷業の稼ぎ方改革!〜」
  • ブライター・レイター・ナイト
    • 1月:ちょっと先の印刷サービスを考えよう!〜 「インターネットの次にくるもの」を参考に 〜
    • 2月:page2017から売上・利益増大機会を見つけよう!
    • 3月:自走する印刷サービスのつくり方
    • 4月:SNS x 印刷サービスの可能性
    • 5月:奥村印刷さまデジタル印刷工場見学会(講師:奥村印刷 山田 秀生 氏)
    • 6月:印刷機のこれまでとこれから(講師:小森コーポレーション 吉川 武志 氏)
    • 7月:クラウド時代の印刷サービスの可能性
    • 8月:クラウド時代の印刷サービスの可能性 Part2
    • 9月:チャットボットって何!?
    • 10月:大瀧印刷紙器さま工場見学会(講師:大瀧印刷紙器 大瀧 敏裕 氏)
    • 11月:3Dプリントサービス最新動向(講師:ビースルー 長 誠司 氏)
    • 12月:「シェアリング x 印刷会社」の可能性
  • 第1回印刷居酒屋「印刷通販の最新動向」

2017年掲載記事(雑誌編)

2017年もたくさんの記事を印刷業界誌に書かせていただきました。本当にありがとうございました。ご興味のある記事がありましたら、ぜひその号を入手してご確認ください (^ ^)

  • 連載記事:
    • コンバーテック(加工技術研究会)「刺さる印刷サービスの立ち上げ方 〜 2020年までに成長事業をつくる!〜
      • 1月号:マネタイズ力を高める
      • 2月号:KKD から Data Driven へ
      • 3月号:バックミラー型から先見型へ
      • 4月号:印刷サービスをソーシャル化する
      • 5月号:協業で仕事をつくる
      • 6月号:好きな写真をパッケージに印刷できるサービス:お菓子編
      • 7月号:市場データを活用する
      • 8月号:「顧客データを取得できる印刷物」を提供する
      • 9月号:ターゲティングDMの効果・効率を高める
      • 10月号:組み合わせてサービスを強くする
      • 11月号:「紙」以外のメディアに挑戦しよう!
      • 12月号:新しいサイネージを武器にしよう!
    • 印刷界(日本印刷新聞社)「成長へのアイデア帳」:
      • 1月号:印刷量増大と利益率向上の両立をめざす!
      • 2月号:コトとモノ(印刷物)を組み合わせる
      • 3月号:他業界と積極的に協業する
      • 4月号:デジタル後加工機を活用する
      • 5月号:宅配危機をチャンスに!
      • 6月号:デジタルサイネージの波に乗ろう!
      • 7月号:AIを味方にしよう!
      • 8月号:新型印刷通販サービス:SNS to Print
      • 9月号:「データという経営資源」を活用しよう(1)
      • 10月号:「データという経営資源」を活用しよう(2)
      • 11月号:新しいメディア(用紙、基材)を開発する
      • 12月号:シェアリングを味方にする(1)
  • 特集記事など:
    • DTP&印刷スーパーしくみ事典 2017(ボーンデジタル):
      • 最新トピックス 104「drupa2016に見る印刷機材最新動向」
    • 印刷界 11月号 特集「人気を集める印刷通販サイト」:
      • 印刷通販市場の最新トレンドと成功するための Next Steps 〜 儲かる印刷通販モデルをつくる方法 〜
    • プリテックステージ(ニュープリンティング)11月号 印刷通販特集 2017:
      • 巻頭インタビュー Webの進化と共に変化する印刷通販サービス「印刷の発注しやすさの追求と多様化するサービス」
    • 印刷界 10月号 特集「活用が広がるワイドフォーマットプリンター」:
      • サイン・ディスプレイ市場の最新動向 〜 サイン&ディスプレイショウ 2017 レポート 〜

2017年10月17日火曜日

大塚商会 POINT2017レビュー


2017年10月12日・13日の2日間、東京・秋葉原UDXにて大塚商会の印刷関連業向けイベント『POINT2017』が開催されました。会場は「印刷工場」「営業・人事・総務・経理」「制作」「マテリアル」「コラボレーション」などのエリアに分けられ、たくさんのソリューションが提案されていました。その中で気になったものをいくつかご紹介します:
  • デジタル後加工機:
    • 製本機:PLOCKMATIC PBM350
      • デジタル印刷機とインラインでもオフラインでも連携させることができる、角背中綴じ機。会場では、RICOH Pro C9110 と並べて展示・デモが行われていた(ただし、オフラインでの製本デモ)。
    • 封入封緘機:pitney bowes Relay 7000 inserting system
    • 発送・受取業務ソリューション:pitney bowes SendPro P2000
      • インクジェットヘッドが設置されていて、消印に加えて開けたくなるようなメッセージもあわせてフルカラーで印刷できる。
      • 小包や書留などの重要書類は、スキャナーで受領を記録し受取人に到着を通知できる。
      • なお、これらの pitney bowes の機材はデザイン性が高いことから、「顧客を呼べる工場」「社員が気持ちよく働ける工場」などを目指す印刷会社は注目。
  • クラウド対応ワークフロー:
    • KODAK PRINERGY CLOUD
      • 今回紹介されていたのは、ファイルアーカイブ&バックアップサービス。今後は、PRINERGYの利用データをクラウド上に蓄積・分析・見える化し、さらなる業務効率向上などに活用できるようになることを期待。
  • 貼れるデジタル印刷機用基材:
    • ダイオーポスタルケミカル レーザーサテン:サテン繊維にカラーレーザープリンターで印刷できるタック紙。衣服に貼っても剥がれにくい。
    • パナック ゲルポリ、カベポリ:糊を使わない特殊粘着フィルム。広幅インクジェットプリンターで印刷可能。
  • その他:
    • グラボテック M40 Friendly:パソコンで作成したデータをそのまま箔押しできるコンピュータ箔押し機。
    • ガーメントプリンター RICOH Ri 100
      • コンパクトなインクジェット式卓上ガーメントプリンター(4色機, 幅40cm x 高さ50cm x 奥行き 70cm)。 11月中旬発売予定の未発売機で、価格は50万円程度となる予定(インク価格は不明)
    • TTDESIGN デジタルデザインサイネージ
      • デザインテンプレートが付いていて、簡単に配信用データを作ることができる。また、配信時間なども簡単に設定・管理できる。
    • Microsoft Surface Hub
      • Windowsが入ったホワイトボード。手書き入力ができたり、その絵をそのまま共有できたりする。テレビ会議のときに便利。
    • メディア・ユニバーサル・デザイン協会事務局 避難所設営シールセット
      • 災害時の避難所設営を簡単にできるセット。2016年4月の熊本地震の際に実際に利用された。
会場には、デジタル印刷と相性の良い後加工機や資材がたくさん提案されていたのが印象的でした。また、デジタルサイネージやデジタルホワイトボード(Surface Hub)みたいなデジタル機材や、人事・総務・経理向けソリューションといった通常印刷機材展では紹介されないようなものも並んでいて、大塚商会の特徴も伺うことができました。
来年のPOINT2018がどうなるのか楽しみです (^ ^)

PLOCKMATIC PBM350
pitney bowes SendPro P2000
RICOH Ri 100